新しい時代を迎えて

謹んで新年のお慶びを申し上げます。今年は30年間続いた平成の時代から新しい元号の時代に変わる年ですね。新時代を迎える年の初めということもあり、一段と新たな気持ちが高まります。昨年の終わりに2学期の保育活動を振り返る反省会を職員で行いました。クラス運営や幼稚園運営についての一人ひとりの先生たちから話を聞き、改めて子どもたちが日々の積み重ねで力をつけて伸びていることや保護者の皆様に力添えをいただいていることを感じました。

また先生たちからは反省すると同時に3学期に向けての課題や目標が掲げられ、学年度末の保育のしめくくりと進級や就学への繋ぎが安心して迎えられる気持ちになりました。子どもたちの育ちの課題やクラス運営の目標が一つずつ達成され、より良い毎日が送れるように、私も判断力を磨き日々の保育運営のサポートができるように努めたいと思います。

「笑う門には福来る」という言葉があります。長い一年の間には笑ってばかりはいられない時や涙があふれる辛い出来事に直面する時もあるかもしれません。そんな時には笑っている場合ではないかもしれませんが、次に気持ちを切り替える時にこの言葉を思い出し、いつも前向きな姿勢で自分が掲げた目標に近づいていけたら嬉しいですね。前進していくためのパワーの源となる目標をご家庭でも掲げてみてはいかがでしょうか。

 

これから迎える時代が皆様にとって健康で幸多き年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。