興味や関心から繋がる学習

 昨年、台風15号が千葉市付近に上陸、通過してから早いもので一年が過ぎました。根っこごと傾いてしまった園庭の青桐とアキニレの木は、新芽が育ち、枝葉がふさふさとなり始めており自然の再生力のすごさに驚いています。また、例年に比べて遅い時期の田植えに加えて7月の長雨と8月の猛暑で心配していた稲の成長も、思っていた以上に米の出来も良く収穫が楽しみになりました。

 子どもたちも6月の始まりの時の様子とは違い、あっという間に園生活に馴染んで先生や友だちと関わりながら賑やかに毎日過ごしています。自分のクラスにしっかりと着地して根っこを生やしているといったあたりでしょうか。そんな中、年長さんのクラスでお弁当の時間を一緒に過ごしました。その日、私のデザートは大好きなバナナ。大胆にも袋に入ったまま持っていたので、字の読める年長児に「エクアドルって何?」と聞かれました。「国の名前だよ。園長先生が食べているバナナは、エクアドルっていう国で育って、船に乗って海を渡って日本に来たバナナだね」と答えました。すると、次は「エクアドルってどこにあるの?」の質問。世界地図を見せた方が早いと思い、次の日、ネットでダウンロードした世界地図をコピーしていたら担任の先生が私よりも分かりやすい幼児向けの世界地図を用意していました。ちょうど万国旗作りをプレーデー(運動会)に向けて制作する時だったようで、それぞれの国ならではのデザインで国旗があることや、デザインには意味がある話を興味深く聞いていました。未知で未体験の子どもたちからは、「どうして?」「なあに?」と質問攻めにあうことが少なくありません。その「なぜだろう?」から始まって、もっと知りたい気持ちや分かって嬉しい気持ちを繰り返すことが、考える力に繋がっていくものと思います。

 先日は「どうして園長先生の歯は少し出ているの?」と優しいのか厳しいのかわからない質問を受けました。一瞬、答えに困りました(笑)。

園長 熊田佳美

安全な生活を送るために

「特別な夏」の夏休み、皆さんいかがお過ごしでしたか。

長く続いた梅雨が明けたとたんに猛暑と落雷を伴うゲリラ豪雨。新型コロナウイルス感染症予防に加えて熱中症対策に気が抜けない生活。そんな毎日が続き、気力、体力共に疲労感が例年以上にあったのではないかと思います。

改めて残暑お見舞い申し上げます。

夏期保育に続き、2学期が始まります。幼稚園生活における「安全・危機管理対策」を今までと同様に心がけ、実行しながら、園児たちが幼稚園で楽しく笑顔で過ごし、成長できるよう努めたいと思います。ご家庭でも協力いただきたいのは、「予防」→万が一の時は「被害を最小限にとどめる(広げない)」です。「備えあれば患いなし」の言葉を教訓に皆で健康に過ごしていきましょう。

 夏休みから幼稚園園舎が入っているマンション建物の大規模修繕が始まりました。主にベランダや通路側の手すりの交換や外壁塗装リニューアルが行われています。安全面がより強化されることは喜ばしいことですが、作業中の危険回避にも慎重になります。監視人の配置、落下物防止物の設置等、細心の注意を払って作業に取り組んでくださっていること、これからの時期は台風の発生が懸念されるため、防災の対策についても厳重にしてもらっていることをお知らせいたします。また、工事期間中の作業にあたり、マンション建物の両サイドから作業員の方々が上り下りしますのでご理解とご承知をよろしくお願いいたします。

園長 熊田佳美

支え合い

 幼稚園を再開してから3週間が過ぎました。園庭の田んぼの苗も順調に株 を増やし、頼もしく成長しています。今年のプール活動や年長児のお泊り会 は例年通りの内容での実施は難しいですが、水遊びの際の夏空に響く子ども たちの歓声や目標を達成した時の年長さんの笑顔を引き出す保育を心がけ て過ごしていきたいと思います。

 園児たちは待ちに待った入園、進級から日を追うごとに新生活のリズムを つかみ始めている様子です。慣れてきたのでクラスメイトの名前を覚えるよ うになっていて一緒に遊ぶことが増えました。関わりができ始めると同時に トラブルも起こりやすくなります。おもちゃの取り合いでケンカが発生した り、座る場所で争ったり、子どもたちは自分の気持ちが一番大事。容赦なく 自己主張します。ところが、中には何も言えず、手を出すこともできないで いるお子さんもいます。そんな時、仲介をしてくれる先生のもとで譲り合い の大切さや順番を守ること、互いに相手の気持ちを知ることなど園児たちは 一つの出来事から多くを学んでいます。そして繰り返しの毎日の中で気の合 う友だちを見つけては「明日も○○くんと遊びたい」「○○ちゃんの隣に座 りたい」と園での楽しみを増やしているようです。

 子どもたちが十人十色であるように大人の私たちも十人十色。一人ひとり の子どもたち、一人ひとりの保護者の皆様が自分の色を程よく主張しながら 自分には無い色の仲間の方々と交わりあって穏やかで心地よく楽しい令和 2年度の幼稚園生活を描いていけたら嬉しいですね。

 先日「幼稚園たのしい!」そう言って登園してきた女の子がいました。
一気に元気をもらいました。

園長 熊田佳美

体験から学ぶこと

 2月28日の全国休校要請発令により幼稚園臨時休園を決定してから3か月が過ぎました。4月から続いていた緊急事態宣言が5月26日に解除され、いよいよ新年度の始まりです。不安や自粛がのしかかる生活が続きましたが、皆で辛抱し協力して大きな第一波を乗り越えられたことをまずは素直に喜びたいと思います。あまりにも休みが長く続いたので、自分のペースで毎日過ごしていた子どもたちが、規律ある集団生活のペースを取り戻していくにはきっと時間が必要なのではないかと考えています。加えて、今回の園活動再開には、引き続き感染防止対策を配慮しながらの生活が必要とされていますので、何事も通常通りではなく、今回の場合はどのようにしたら良いかを常に考えながらの取り組みになっていくであろうとも思っています。

 例えば新しい生活様式を考えた時に、「2メートル間隔のソーシャルディスタンスで遊んでね」とか「大きな声は出さないでね」なんて園児に求めるのは実際に無理だとしても、部屋の換気や通気をよくする工夫や活動のスペースをなるべく広くとる配慮、生活する施設や道具の清掃と消毒などは私たち大人がしてあげられる事ですし、毎朝の検温や体調観察、手洗いうがいの習慣を身に付けてあげることは家庭と幼稚園で協力して教えていける事です。

 子どもたちには自分の命を自分で守る意識や行動を覚えていくように教えるのも教育の一つですが、幼い子どもたちが未熟なところは私たち大人が守ってあげることが必要です。今、まさにその教育の時とも言えます。

 やっと子どもたちの育ちに必要な食事・運動・園(社会)生活体験の3つが揃いました。たくさんの笑顔に会える日々が楽しみです。

園長 熊田佳美

毎日を健康に過ごすために

 4月の臨時休園から早くも1ヶ月が過ぎました。保育室前の植栽には濃いピンク色のつつじが咲き、初夏の訪れを実感します。ガーデンタウンにたくさん植えられた木々の枝から聞こえてくる鳥たちのさえずりだけが響き、静寂した日が今もなお続いています。園児たちがいない幼稚園ほどつまらないものはありません。

 ご家庭では、何らかの形でストレスも発症し始めている頃ではないでしょうか。元気な挨拶や歌で声を出し、先生や友だちとやりたい遊びをして要求を満たし、先生が見せてくれたり教えてくれたりする新しい体験にドキドキワクワクする時間を過ごし、そうやって集団生活の中で健やかに成長していく時間が持てずにいるもどかしい生活には5月いっぱいで見切りをつけたいものです。

 私が幼稚園説明会の際に必ずお話させていただく中で、子どもの健やかな成長を妨げるものの中でもストレスは一番よくないという考えを発言しています。子どもだけに限らず大人も同じですね。現状では特に感じることが多いです。ついついマイナス思考になってしまいがちですが、なるべくプラス思考に切り替えてポジティブ精神で生活しましょう。マイナス思考のAさんとプラス思考のBさんでは、Bさんの方がストレスは少ないそうです。
子どもたちは発散する機会が減ってしまっているので、楽しめそうなものを提供してあげたり家の手伝いで指先や体を動かしたりして脳を刺激する機会をできるだけ作ってみてください。

 嬉しいことや楽しいことの中から今できることを見つけて、健康の維持に気持ちを置きながら再開の時を待ちましょう。

園長 熊田佳美

お子様の進級・ご入園おめでとうございます

 いつものように花々が咲き、いつものように小鳥のさえずりが響く暖かな春を迎えました。その一方で、未だかつてない危機的な状況に世界が陥ってしまっています。なんの罪もない子どもたちが、規制された条件の中で毎日を過ごさなければならない事に胸が痛みます。本来は、進級や入園を喜び合って、新しい出会いに感謝して、互いに親しみの気持ちを蓄積していく新学期。その新学期がいつものように過ごせなくなっている事にも切なさを感じます。憎き敵、時には命まで奪い取ってしまうウイルス感染には、一日も早い終息を祈るばかりです。

 安心して過ごせる平常の生活が戻る そんな嬉しい風の便りが届くまで、一人ひとりが安全な生活を心がけ、健康に十分留意して過ごしていきましょう。

 家庭生活を離れ集団生活の一歩を踏み出す新入園児、担任やクラスメイトが変わる進級児。子ども以上に保護者の皆様の心配や不安の方が大きいかもしれませんが、園ではお子さんが幼稚園の中で居心地の良い場所や好きな遊び、好きなお友だちを見つけられるように努めます。また、担任はもちろんのこと職員全員で協力し合いながら一人ひとりのお子さんに目を配り声をかけてサポートしながら保育いたします。子鹿幼稚園は、先生と子どもと保護者の皆様の距離が近く、気さくにお話ができる所がとても良いと思っています。もしもわからないことや心配なことなどがあった時は、ためらうことなく声に出すようにしてみてください。自分一人のエネルギーだけでは解決できないことも、周りの人がヒントをくれて安心に繋がっていくことでしょう。幼稚園生活の楽しさや充実感を皆が一緒に感じていけますように、どうぞ安心して私たちにお任せください。

園長 熊田佳美

お子さまの卒園・修了おめでとうございます

そよ風が暖かな春の空気を運んでくる季節となりました。その空間の中で元気いっぱい走り回り、声をあげながら遊ぶ子どもたちを眺めることが叶わない3月になってしまいました。このまま卒園・修了の時を迎えます。

今年度は48名の年長児が卒園し、52名の年少児と55名の年中児が修了します。毎日積み重ねてきた園での集団生活の中で、たくさんの経験をして、どの子も大きく成長しました。

園長という立場になると時おり決断が必要になる事があります。その決断は、園児はもちろんのこと、保護者の皆様、先生方、幼稚園に関わる皆様に多大な影響を及ぼします。自分の欲望は極力控え、その時々の状況で最善の判断ができるように精一杯努めているつもりでも、時に判断を誤り、ご迷惑や不快な思いをさせてしまう事もあるでしょう。(悪かったなあ)と気落ちしている時でも、大人の都合を知ってか知らずか普段と変わらず楽しそうにしている子どもたちに何度も救われました。また、幅広い心の受け皿を持って園に寄り添ってくださっている保護者の皆様には、本当に感謝しています。ありがとうございました。

出会いと別れを繰り返す春。この春は、思いを同じにして一緒に保育をしてきた先生との別れがあります。子鹿幼稚園の2才児保育“バンビルーム”を理想の形に方向づけてくれた「みい先生」お疲れさまです。そして、ありがとうございました。

園長 熊田佳美

 私の保育はこの子鹿幼稚園から始まり、20代の頃、園長先生やいくの先生と保育を共にしてきたというご縁もあって8年前に復職しました。時が経って、我が子を連れた卒園生と嬉しい再会が続いたり、今だからこそ必要とされている2歳児の保育に携わったり、日々の中でたくさんの素敵な体験とたくさんの喜びをいただきました。どうもありがとうございました。
 ニンマリ眺めたり、クスッと笑ってしまったり、子どもを見つめる大人のまなざしがいつも温かでありますように。 どうぞお元気で。 

本田 美穂子

お店やさんごっこから感じる成長

 梅の花が咲き、新芽の息吹を目にする季節になりました。厳しい寒さをあまり感じない冬の時期が終わり、気づけばもう春ですね。先日のお店やさんごっこでは、お客様としての関わりで参観にお越しいただきましてありがとうございました。初めてご覧になられた方、何度か経験のある方、どの保護者の方々にも楽しんでいただいたのではないかと思います。

 どこで覚えたのか、「まぐろが入ったばかりですよ~」なんて言いながら海鮮丼を売っていた年少さんもいたみたいです。制作活動、言語活動、コミュニケーション能力の成長を総合して見ることができるお店やさんごっこは毎年この時期に行っています。「園児たちの育ちのペースや性格の違いに配慮してどの子も活躍の場面があるようにできたら嬉しいね」そんな話をしながらお店やさんごっこを開催しました。普段はおとなしいのに、友だちに負けないように「いらっしゃいませ~!」と大きな声を出している女の子もいて嬉しい気持ちになりました。

 次の日、交代でお店番をしてどの子もお買い物に出かけました。欲しいものに迷ってのんびり買い物を進める年長さんを横目に、開店10分ほどで財布の中身が10円だけのスピーディーな買い物を済ませている年少さんに会いました。どの子も、お財布やお金を持って自分で買い物をするのが本当に楽しい様子でした。年少さんが困らずに楽しんで買い物に出かけられたのは、行く先々で入ったお店の子どもたちの対応に大きな影響があったように思います。HPにもその時の様子を写真で掲載していますが、年長さんの接待の素晴らしい事!!「この白い線の所で待っていてね」と分かりやすい言葉で優しく話しかけて、柔らかい物腰で年少さんの面倒を見ている店員さんはどのお店を覗いても同じだったからです。今年も、人としての成長をしっかりとしている証を見ることができた嬉しい楽しいお店やさんごっこでした。

園長 熊田佳美

公平感を育てましょう

 地球温暖化の影響でしょうか。一年の中でも一番寒さが厳しい時期にもかかわらず、暖かいように感じる今日この頃です。凧上げや羽根つきのように天候に左右されるお正月遊びも存分に楽しむことができて良かったです。室内では、かるたやすごろく、トランプなど勝負を決めるカードゲームに関心が高まる時期ですが、いずれも相手があって初めて楽しさが感じられる遊びなので仲間と一緒に夢中になって遊べる良い機会になっているようです。勝負事はゲームの最中や勝負が決まった時に性格(人間性)が現れやすいです(笑)。一緒に遊びながら大人は分かりやすい子どものズルを見極め調整し、負けて悔し泣きする子をなだめ、力をつけている子に対し頑張りを認める言葉をかけるなど、一つの遊びの中ですることが案外たくさんあります。そして、そんなルールのある遊びを毎日繰り返しながら、自分の感情を上手にコントロールできる力がつき、公平さを学んでいる様子をみると子どもたちの成長を日ごとに実感しています。

いよいよ一年間の年度のまとめの時期に入り、子どもたちが話を聞いて理解ができている様子は、とても頼もしいと思います。と同時に、何でも分かっているのだと思うと子どもに対して発する言葉や態度には配慮しなくてはいけないと気が引き締まる思いです。子どもたち一人ひとりの様子が見えるお店やさんごっこを控え、先生たちも子どもたちもアイデアを出しながら準備に取り組んでいきます。保護者の皆様も園児とのやりとりを十分に楽しんでいただき、子どもたちにとって満足感たっぷりのお店やさんごっこになりますように。

園長 熊田佳美

幸せを運ぶねずみ

令和の時代になってから初めてのお正月を迎えました。謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年末には、お忙しいところ幼稚園運営アンケートにご協力くださりありがとうございました。日々、変化していく時代の流れの中で、より良い方向に幼稚園が発展していくためにするべきことや正すべきことの道しるべになりました。皆様からの貴重なご意見は日々の幼稚園運営や保育活動に良い形で反映できるように努めます。まだまだ至りませんが、これからも保護者の皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

2学期末に行った職員の話し合いでは、クラス運営の状況の共通理解を深め、同時に3学期に向けての課題や目標が掲げられました。進級や就学への繋ぎがしっかりとできる年度末にしていけるよう職員一同頑張ります。私も、一人ひとりの子どもたちの育ちの課題やクラス運営の目標がそれぞれ達成されるように保育運営のサポートに努めていきたいと思っています。

 今年はねずみ年。十二ある干支のスタートです。昔話にはねずみが登場する話がありますが、縁起が良く福を呼ぶ生き物として出てくることが多いです。「したきりすずめ」「おむすびころりん」「ねずみのすもう」など、良い行いをしていると、大変なことや辛いことがあっても最後は「めでたしめでたし」という結末が待っているという教えを伝えてきた日本の文化であるように思います。昔話のようにこの一年が、節々に「めでたしめでたし」となりますように。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

園長 熊田佳美